INHERTANCE Q&A
相続Q&A

相続人について

 

 

A次のとおりになります

 

 

(1)相続人と相続順位

相続人の範囲とその相続順位は民法で規定されています

表にまとめると次のとおりになります

 

 

*代襲相続

相続人となるべき子又は兄弟姉妹が先に死亡している場合にその子が親に代わって相続人になること(事例の場合の子C及び子D)

*直系尊属

被相続人と血の繋がった『実父母』『実祖父母』『実曽祖父母』など

(2)各相続人の相続分(法定相続分)

各相続人の相続分(法定相続分)も民法で規定されています

表にまとめると次のとおりになります。

 

 

*子直系尊属又は兄弟姉妹が複数人いる場合は、各相続分は均等になります

*非嫡出子は嫡出子の1/2とされ父母の一方だけを同じくする(半血)兄弟姉妹は父母の双方を同じとする兄弟姉妹の1/2とされます

*代襲相続人は相続人となるべきであった者の相続分を承継します

(3)事例の場合の解説

①子が存在しますので子及び配偶者が法定相続人になります

②第1順位ですので子及び配偶者の法定相続分は各1/2になります

③子は3人(二男も含めます)存在しますので各人の相続分は均等に1/6(1/2×1/3)になります

④代襲相続人である子C及び子Dは二男の相続分を承継

(両者の相続分も均等)しますので各1/12(1/2×1/3×1/2)になります

A父の相続に関しては、母はすでに死亡したものとして相続税の計算をします。

また、母の相続に関しても

父はすでに死亡したものとして相続税の計算をします

こうすることで、父と母の間では相続は生じないことになります。

子が二人存在する場合の相続分は次のとおりになります

 

 

 

 

A孫Aは長男の代襲相続人であり、かつ、

養子でもある二重身分を有することになります

 

 

①子が存在しますので子及び配偶者が法定相続人になります

②第1順位ですので子及び配偶者の法定相続分は各1/2になります

③子は2人(長男と孫A)存在しますので各人の相続分は

均等に1/4(1/2×1/2)になります

④代襲相続人である孫A及び孫Bは長男の相続分を承継

(両者の相続分も均等)しますので各1/8(1/4×1/2)になります

A相続人がいない場合、家庭裁判所が財産管理人を選任し、

この管理人が財産を保全しながら、相続人を探すことになります。

財産を取得すべき者が現れない場合は、国のものとなります。

*特別縁故者

生計を一にしていた者療養看護に努めた者、その他特別の縁故があった者をいい、

永年生活を共にしていた内縁の妻などが該当します